2020.05.26

ジャコモ・アゴスチーニ:大好きな5つのサーキット

サーキットの中には、他のサーキットより神話的な味わいを感じられる場所があります。

それはコースと伝説の人々の、壮絶な戦いによるものかもしれません。

孤軍奮闘、苦労して勝ち取った勝利、手の届かないところで証明された勝利。
すべてのプロライダーは、成功、敗北、幸福感や落胆を心に持っています。

私たちはジャコモ・アゴスティーニに、挑戦、スピード、決して忘れられない物語を教えてもらいました。
ここでは、15回のワールドチャンピオンに最も深い印象を与えた、サーキットの特徴と忘れられない逸話をご紹介します。

モンツァ

"MV Agustaをテストしたコースで、本当に速いサーキットだった。平均ラップは時速190km。とても気に入っていたよ。スリリングなコーナーがあった。

忘れられない思い出がある。1966年のモンツァでMV Agusta 500ccで初の世界選手権を制したんだ。 終盤になってコースに人が侵入してきてしまったけど、ファンが私に見せてくれた、大きなお祝いと温かさと愛情は、いつも私の心の中に残っている。"

スナフェル・マウンテン・コース - マン島ツーリスト・トロフィー

"世界で最もタフで過酷なサーキット、普段から使われている道路をコースにした場所だ。1周は60kmで、最も難しいのはそのすべてを覚えていることだ。安全性を考えなければ、他のどこからも得られないスリルを味わえるサーキットなんだ。

僕とマイク・ヘイルウッドの大激突は1967年のTTでのこと。僕はMV、ヘイルウッドはホンダ。ヘイルウッドはスペシャリストだった。マン島では125、250、350、500とほぼ全てのレースで優勝していたからね。

シニアTT500クラスでは、最後まで戦い続け、最終ラップで7秒ほどリードしていた。
すでに勝利が見えていたけれど、フィニッシュまでの数キロでチェーンが切れてしまい、その機会を失ってしまった。
最後に、そして表彰台に登る前に、ヘイルウッドは私を抱きしめて、私がモラルのある勝利者だと言ってくれた。それが彼を、偉大なスポーツマン、ジェントルマンにしたんだ。"

アッセン(オランダ)

"TTの後に参加したレース。ほっとしたよ。コースはマン島より安全で、とてもテクニカルだった。約8kmのコースで、とても大きくてテクニカルなコーナー。普段は一般公開されている道路なのに、素晴らしいレース場を走っている感覚だった。

レースは土曜日に行われ、約18万人が観戦。練習初日の木曜日には約6~7万人が観戦していた。スタンドはカバーされてなかったけど、雨がよく降っていたにもかかわらず、誰一人としてその場を離れる人はいなかった。

アッセンでは14回も優勝したので、いい思い出がある。苦い思い出といえば、500クラスのレースで最終ラップでバリー・シーンとの一騎打ち。
最期の2つ前のコーナーまで、私が先行していたんだけど、ゴール前で彼に抜かれてしまったんだ。ほとんど勝ったようなものだったから、最終コーナーで集中力が切れてしまったのかもしれない。それがあるから、僕はいつも"決して最期までレースを辞めない"と言っているんだ。"

スパ・フランコルシャン(ベルギー)

"このコースの平均ラップは約220km/hで、世界選手権の全コースの中で最も高い。ファーストギアのカーブは1つだけだった。残りはすべて時速160~250kmの間で走ることになった。TT同様、ここで転倒するのは論外。全長11kmのコースは、木や壁が立ち並び、非常に危険なコースだった。

ウェットの中で優勝したんだ。雨が激しくて道がほとんど見えず、チェッカーフラッグを見るのにも苦労した。実は私は、勝ったことを知らなかった。ヘルメットを脱いで、メカニックがハグしてくれて初めて気がついたんだ。"

イモラ(イタリア)

"登りと落差のあるチャレンジングなコースだ。彼らはそれをリトルTTと呼んでいた。ここは "モーターサイクルの国"であり、独特の暖かさと情熱が特徴だった。ゴール前には小さな丘があり、それは「人間の丘」と呼ばれていて、驚くほどのエネルギーと興奮があった。
君も時速220km/230kmでタンブレッロのコーナーに挑んでみたら、特別な葛藤とスリルを感じたと思うよ。

1974年のレースでは、リード、ボネラ、シーンの3人の間で素晴らしい戦いがあり、それがレース中ずっと続いてたんだ。私はその時、3回か4回連続でコースレコードを更新し、ライバルに6秒ほどのリードを築いた。しかし、最終ラップの途中でガソリンが切れてしまった。大勢の前で勝てなかった悔しさに、涙を流したよ。"

この一握りの伝説的なサーキットは今も存在していますが、ほとんどの場合、車両の性能向上を考慮して開発され、近代化されています。
その発展の鍵を握ったのは、モーターサイクルやコースだけではありません。

地平線の先を見通す能力を持ったプロライダーたちが、この変化を導いたのです。
アゴスティーニ自身や、イタリアの王座に就くことになったバリー・シーンのように、最も先見の明があるライダーたちが、スポーツの安全性とプロフェッショナリズムを高めるため、次世代へのステップを作ったのです。