2021.01.23

MotoGP™新ワールドチャンピオン ジョアン・ミル

モーターサイクルレースの最高峰であるMotoGP™では、14レースのチャンピオンシップで優勝することは決して偶然ではありません。
チャンピオンは常に正しいと言われていますが、まさにその通りです。

勝者は誰よりも優れたことをするものです。
ジョアン・ミルは誰よりも入念に準備をしたからこそチャンピオンになれたのです。
誰よりも速くなり、チャンピオンを獲得するには好きなことだけでは不十分だったでしょう。

困難に直面した時には、信じることが何よりも重要となります。 そして、どんなに些細なことであっても真剣に取り組むことが大切です。
自分に打ち勝つことが、優れた技術を育み、優れた人間として成長させてくれるのでしょう。

それがジョアン・ミルの物語です。 寡黙な追撃者から世界の頂点へ。
ジョアンは、内に秘めた情熱を持っています。

穏やかで温厚な性格だが、バイザーを下げると集中力は最高潮に達し、その結果は誰の目にも明らかでしょう。

絶え間なく成長を見せるジョアンは、目標を現実のものにしてきました。
才能だけでは十分ではない。才能ある優れたライダーの中でも、チャンピオンになるのは一人だけです。

ラップ毎に速くなる為には準備と努力だけでなく、犠牲も必要になります。
2016年ではオーストリアで初のシーズン途中優勝を果たし、世界選手権でフルタイムデビューを果たしました。
2017年のMoto3タイトルは、単なる前哨戦に過ぎないことを証明しました。 翌年には10勝を挙げ、文句なしの覇権を手にしました。 

2018年は過渡期であり、わずか数戦後には2019年のMotoGP™への参戦が決定。

MotoGPという優れたライダーの中でデビューをすることは、些細な出来事ではありませんでした。
しかし、彼はこのデビューが偶然ではないことを知っていたのです。

2020年の数レースの間で、彼の準備が功を奏し始めました。
彼は最初の表彰台の座を獲得し、優勝に近づいて、その後も表彰台を重ねていきました。 彼の変わらない情熱がタイトルへと導きました。

彼は、多くの人が持ち得ないプレッシャーに耐えることができる能力を大いに発揮しています。

"これが私の仕事であり、とても素晴らしいことだ。本当のプレッシャーは違うんだ。

シーズン終了まで残り3レース。 レースでの勝利はなくとも、彼にはそこに至るまでに何をしてきたのか、そして勝利の為には何が必要かを知っていました。

そして、その時が来ました。
彼はそのチャンスを掴み、同時にタイトルを手にしたのです。
彼の成長はレースだけでなく、彼自身にも大きな可能性を見出すことができました。

達成できない目標はありません。
想像できれば叶えることができるし、できるだけ目標に向けての準備をしなければならないのです。
目標に向けての完璧な準備、それがジョアンが行ったことです。