2021.01.07

世界チャンピオンの逸話とジンクス

ジャコモ・アゴスティーニは、1942年にイタリアのベルガモで生まれ、オートバイの歴史の中で最も成功したプロライダーとなりました。

そしてまだ多くの人は、輝かしい彼のキャリアが誤解から始まったことに気づいていないのです。18歳のジャコモはちょっとしたトリックで彼の父親からレースの許可を得ました。15個の世界タイトルと123勝は、その誤解がなければ、他の誰かが手にしていたかもしれないものだったのです。

"僕はライダーの家系に生まれたわけではないが、生来の情熱を持っていた。18歳になると、両親の許可がなければレースを始めることができなかった。父は許可書にサインするのを嫌がっていたが、ある日、友人の公証人に会いに行ったところ、ちょっとした運動でも良いことしかないと言って説得してくれた。公証人は、私がバイクではなく自転車でレースをしたいと思っていたのです。

その最初のハードルを乗り越えて、レースをするためにはバイクを手に入れなければならない。父はバイクに反対していて、危険なスポーツだと思っていましたので、買ってくれませんでした。ベルガモのモト・モリーニのディーラーに行ったら、月々の分割払いが可能なセッテベッロを提案してくれたのです。 

そして1961年、私はトレント・ボンドーネのヒルクライムですぐに2位になりました。
当時、私のヒーローはカルロ・ウッビーアーリとタルキニオ・プロヴィーニで、いつか彼らのようになることを夢見ていました。

両親の助けを借りず、自分一人でやっていたことを考えると、幸運なことにすべてがうまくいったと言えるでしょう。"

ジャコモは自分のためによくやってくれたが、今日のライダーたちと同じように、彼もまた、大なり小なりジンクスを持っていた。
例えば、黄色のシャツは、少なくとも一時期、イタリア人選手が勝利を重ねるのに役立ったものだ。シンプルな黄色のシャツは、まだ暗い色が支配する世界の中で、明るいディテールである。


"みんな黒いレーシングスーツでレースをしていましたが、ある日、私はスーツの下にハイネックの黄色のシャツを着ることにしました。
黒に比べて黄色が目立っていて、かっこいいと思ったのです。それからよく勝つようになって、これは自分に幸運をもたらしてくれるシャツだと思って、毎レース着ていました。

でも、イタリアGPのときに、家に忘れてきたことに気がつきました。縁起物がないので、レース前は不安でした。
縁起物のシャツを着ていないのに優勝したのです。それで、必要ないと思ったのですが、黄色が自分に合っていたので着続けていました。

キャリアが終わってからは、着古していて穴がいくつか空いていたので捨てました。
でも、父が亡くなった後、父の引き出しの中にあったのですが、洗ってアイロンをかけてありました。今では宝物の一つになっていて、とても嬉しいです。"



到達できないと思われていたチャンピオンに個性を与えた2つの逸話は、40年以上経っても記録を更新していない男に個性を与えています。
1974年のイモラでのエピソードのように、ゴールから数メートル離れたところでアゴが泣き出したときのエピソードは、トロフィーや勝利、功績を超えた、多くの人が知らない一面を明らかにしています。