2021.04.28

ヨーロッパの素晴らしいマウンテンバイクコース

皆さんは、楽しみにしていた長い週末が近づいてくると「今度はどこにマウンテンバイクを持って行こうかな?」と考え始めるかもしれません。

好きなスポーツを仲間と共に、そしてまだ行ったことのない美しい場所で楽しむことは、他では味わえない本当の感動と満足感をもたらしてくれます。

もし家を離れて数泊する余裕があれば、自分の自転車で、あるいはレンタル自転車を使って、ヨーロッパの有名なスポットのトレイルを楽しむのが一番です。

地図に記されているような有名な場所でなくても、素敵なトレイルや素晴らしい景色に出会えることがあります。

ここでは、ヨーロッパで有名なマウンテンバイク・リゾート、また、まだあまり知られていないすばらしい場所を含めた10選をご紹介します。

フィナーレ・リーグレ(イタリア)

ヨーロッパのマウンテンバイクのメッカと言われるフィナーレ・リーグレには、Base Natoから、エンデューロ・ワールドシリーズの定番スペシャル・ステージである、海を見下ろすWhite Rockまで、あらゆる嗜好に合わせたトレイル・コースが密集しています。

リグーリアの町には、ホテルなどの施設も豊富で、自転車のシャトル・サービスも利用できます。リグーリア海を見下ろす絶好のロケーションの中で、ライディングと海辺での美味しいディナーの両方を楽しむことができます。

レッシェンパス(オーストリア・イタリア・スイス)

「3-Länder Enduro」と呼ばれ、マウンテンバイクで1日に3つの異なる国を横断します。レッシェンパスと、鐘楼が立つ同名の湖の周りを走ると、オーストリア、イタリア、スイスを横断することになります。

柔らかい下草、木の根、石など、高山のトレイルが好きな人にはぴったりです。ただ、トレイル・バイクやエンデューロ・バイクには適していますが、クロスカントリー・バイクでは経験者でないと厳しい行程となるでしょう。1日で走破するのは難しいので、週末に十分な時間を取ることをお勧めします。

©マット・チェルビーノ

マデイラ(ポルトガル)

息をのむようなロケーションにある、エンデューロ・ワールドシリーズのコースです。海を見下ろす緑豊かな山々、200kmをこえる行程、信じられないほど多彩な地形を持つこの島をすべて堪能するには、丸々一週間は必要になるでしょう。

島のトレイル・ネットワークは、専任のトレイル構築チームによって管理され、完璧な状態に保たれています。常設のリフトはありませんが、多くの自転車シャトル・サービスが利用できるので安心です。

©フリーライドマデイラ

レ・ゲッツ(フランス)

1990年代から、ワールドカップのダウンヒル・レースの舞台となっている伝説的な場所です。22基のリフト、約100kmのトレイル、17本のダウンヒル/エンデューロ・コース、さらに6本のトレイルとクロスカントリーのルートを備えています。

レ・ゲッツは、スイスやイタリアから目と鼻の先にある、一生に一度は走ってみたいおとぎ話のような場所です。

©ケノ写真館

バート・クラインキルヒハイム(オーストリア)

バート・クラインキルヒハイムは、ヨーロッパ最長のフロー・トレイルを誇ります。標高2,100メートルのカイザーブルグの山上駅から、標高1,200メートルの谷底に向かって下る15kmの美しいコースです。

このフローカントリー・トレイルは、常に完璧な状態に整備されており、バンクやハンプ、ジャンプなど、あらゆるレベルのライダーに適しています。バート・クラインキルヒハイムには、他にもたくさんのネイチャー・トレイルがあります。

テクニックを磨きたい人のために、フォルト・アム・ゼーにはパンプ・トラックのある広いエリアと、ノースショア・スタイルの木製ラダーが設置された道もあります。天気の良い日は、1日のライディングの締めくくりに近くのブレンゼー湖で泳ぐと最高でしょう。

©BRM - マティアス・プレガント

ロイガヴェーグル・ルート(アイスランド)

月への旅行を夢見たことはありますか?月に行くのは難しいかもしれませんが、地球上には月にそっくりな場所があるのです。荒涼とした湿原が広がるアイスランドは、まさに別世界のような風景です。

ロイガヴェーグル・ルートは、シェルターを利用しながら数日間かけて進むルートです。人里離れた場所で、美しい風景に浸ることができるでしょう。間欠泉、色とりどりの岩、固まった溶岩は、この地域で見られる不思議な光景のほんの一部に過ぎません。

ロイガヴェーグル・ルートは、レイキャビクから車で3時間の距離にあり、全長約90km、標高差は2,300m強、3〜4日で安全に周ることができるルートです。

トランス・スロベニア01(スロベニア)

スロベニアは、山頂から海まで、目を見張るような壮大な風景を楽しめる国の一つです。クランスカ・ゴーラをスタートし、トリエステまで走るトランス・スロベニア01は、すべての行程をマウンテンバイクで楽しむことができます。

選択するルートにもよりますが、全長300~380km、標高差は6,000~10,300mです。全行程を走破するには7日間かかりますが、目的地には海水浴と魚料理という楽しみが待っています。

©Uroš Švigelj - グッドプレイス訪問

メフィエレット(ノルウェー)

険しく高い山、高山特有の環境、そしてフィヨルドの絶景。オスロから車で7時間かけて辿り着くヴァルダルに近いこの場所は、北欧で最も美しいトレイル・スポットの一つです。

ペダルを漕ぎたい人、テクニカルなコースが好きな人にとって、ノルウェーのこの一角は、トレイルの質の高さと息を呑むような絶景という、誰もが憧れる完璧な組み合わせを誇っています。

セッラ山脈、ドロミテ(イタリア)

トレイル・バイクやエンデューロ・バイクによるセッラ山脈周辺のトレイルの走行は、きっと期待を裏切らないでしょう。

セラロンダ全体(ダウンヒルは時計回り、クライムは反時計回り)を走行する場合も、1つのエリア(ヴァル・ディ・ファッサやヴァル・ガルデナのバイク・パーク)を集中して走行する場合も、その楽しさは保証されています。

このルートでは、最高のアルプスの道、息を呑むような風景、そして夏の暑さから逃れるための新鮮な空気を楽しむことができます。一日のライディングの後に、南チロルの代表的な料理を楽しむ組み合わせは、他に代えがたい貴重な体験です。

フォート・ウィリアム(イギリス)

スコットランドのフォート・ビルは、紹介するまでもないかもしれません。この場所は、2002年から開催されているダウンヒル・ワールドカップの最も権威のある場所の一つです。

スコットランドのハイランド地方は、フォート・ウィリアムから車で1時間以内の場所に位置し、有名なネス湖をはじめとする湖が点在し、山が多く、人口も少ない独特の環境にあります。

ここには、ワールドカップの有名なダウンヒル・コースの他、クロスカントリーからエンデューロまで、あらゆるコースのネットワークがあり、リフトも利用可能。ネビス山脈として知られる周辺地域一帯をカバーしています。

今回ご紹介した、これらのすばらしい場所に行くには、いずれにしても自宅を何日か空けなければならないでしょう。

週末だけで楽しめる場所もあれば、1週間以上の休暇が必要になる場合もあります。自分のマウンテンバイクの持ち運びが難しければ、現地で借りるという方法もあります。

ぜひ、ヨーロッパで最も美しいトレイルをご検討ください。

表紙写真©アンドレアス・ミエルスワ